北海道エリア情報 | 710種の焼酎が並ぶ、酒蔵のような空間。酒を選ぶ時間もまた楽しい「いろり・焼酎 十六夜 夢蔵」

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

いろり・焼酎 十六夜 夢蔵(いざよい ゆめくら)

izayoi-yumekura_1_area_hokkaido_1711

酒盗で軽く炒めた牡蠣を昆布の上にのせ、炭で炙った「牡蠣の昆布〆焼酒盗仕立て」1980円。昆布のうま味の染みた牡蠣がたまらない。合わせるならば、食材のうま味に負けないコクのある焼酎を。

izayoi-yumekura_2_area_hokkaido_1711

酒蔵をイメージした地下は、いたる所に焼酎が。1階は古材を使った古民家風の空間となっている。

izayoi-yumekura_3_area_hokkaido_1711

名古屋風の甘辛い味付けが食欲を刺激する「旨辛!手羽先の唐揚げ」800円。さっぱりした焼酎を合わせたい。「品揃えに関してはどこにも負けたくないですね」と店長の米村さん。オリジナルの芋焼酎「十六夜」と共に。

710種の焼酎が並ぶ、酒蔵のような空間。酒を選ぶ時間もまた楽しい

取り扱う本格焼酎は710種前後という、圧巻のラインナップを誇る『十六夜 夢蔵』。この店なら、あの銘柄があるはず…と狙いを定めて来店するマニアも多い、まさに焼酎の博物館のような場所だ。

“数で勝負”の店かと思うかもしれないが、大切にしているのは客とのやりとりだ。各々の好みや気分に応じたお薦めの焼酎、また焼酎に合う料理を提案することも多い。「これだけ種類がある中、お薦めした一本を気に入っていただけるのは、やはりうれしいものです」と店長の米村正臣さん。料理は北海道や三重、兵庫などで水揚げされた旬の牡蠣料理を中心に、100種類以上。焼酎との相性を楽しんでもらいたいと、こちらもまた豊富だ。

10年間通い続けて全種類を飲みきった人もいるという。自分なりのテーマやこだわりを決めて、710の焼酎を楽しみたい。

 

情報提供:あるた出版 月刊誌O.tone

撮影:田名辺篤史

※2017年11月現在の情報です。

いろり・焼酎 十六夜 夢蔵 詳細情報

〒064-0806 札幌市中央区南6条西4丁目 ファニービル1F・B1 (map)

[ TEL ] 011-531-1341

[ 営業時間 ] 18:00~翌4:00(フードL.O.翌3:00、ドリンクL.O.翌3:30)

[ 定休日 ] 日曜

喫煙可 カード利用可 Pなし

店内64席(カウンター15席、テーブル49席)

地下鉄南北線「すすきの」駅より徒歩5分

平均予算/5,000~7,000円

 

ホテル情報

bnr_top

PAGETOP